格安SIMのQ&A

格安SIMへの乗り換えても通話はそのままできるの?

投稿日:

格安SIM_通話

格安SIMに乗り換えた際に通話はこれまでどおりできるのか? 料金は変わるのか? そんな疑問を持つ方も少なくないと思います。そこで、格安SIMでの通話に関するギモンに答えてみましょう。

電話はこれまで通りに使えるの?

音声通話対応SIMなら使えます。

格安SIMには、大きく以下の3つのタイプがあります。
1.データ通信専用SIM
2.SMSに対応したデータ通信SIM
3.音声通話対応SIMの3つです

格安SIMで通話もするのなら、音声通話対応SIMを選ぶ必要があります。音声通話対応SIMはデータ通信専用SIMよりも月々の利用料が数百円程度高くなります。

また、通話料は30秒20円と大手キャリアの通話料より割高です。一方、端末さえ対応していれば高音質なVOLTEでの通話も可能です。auの場合は、端末と格安SIMがVOLTEに対応し、かつSIMロックが解除されている必要があります。

電話代がお得になるアプリがあるの?

通話料が通常よりも割安になるアプリがあります。

格安スマホは通話料が割高といわれます。しかし、最近になって、通話料を安くするプランを提供する格安SIM業者も出てきました。

特に注目なのが、大手キャリアのサービスに近い、かけ放題サービス。音質が不安定なIP電話ではなく電話回線を使った通常の電話で、voLTEには及ばないものの音質がいい特徴があります。

例えば「楽天でんわかけ放題」の場合、1回当たり5分の通話が何度でもでき、利用料は月額850円。電話番号の前に番号を加えて別回線を使うプレフィックス方式を利用することで料金が抑えられています。

音声通話SIMの料金に加えて利用料がかかるデメリットもありますが、大手キャリアのかけ放題プラン料金に対抗できる金額。通話が多い人も、格安SIMを利用しやすくなってきました。

いまの電話番号は引き継げる?

MNPで継続利用することができます。

格安SIMに変えるということは、MVNOに乗り換えることです。キャリアの乗り換えには番号ポータビリティ(MNP)が利用できます。つまり、今まで使っていた電話番号を引き継ぐことができるのです。

MNPを利用するには、事前に今契約しているキャリアへの申し込みが必要です。電話やウェブで申し込むと、MNP予約番号が発行されるので、メモしておきましょう。この番号の有効期限は2週間です。

ちなみに、MNP予約番号の発行にはお金はかかりませんが、実際にMNPを利用してキャリアを乗り換えると、MNP転出手数料として、ドコモから出る場合は2000円、auとソフトバンクから出る場合は3000円が発生します。

-格安SIMのQ&A

Copyright© 格安SIM比較マニアックス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.